« 距離ってどこにあるかな(BlogPet) | トップページ | 警戒(BlogPet) »

2010年9月26日

新作ネオロマンスゲーム…

イベント内で発表されたネオロマンスゲーム新作。

まさかの『遙かなる時空の中で5』

しかも今をときめく幕末が舞台ですか……

なんていうか、猫も杓子も飛び付いてる時代を選ばなくても良いんじゃないの?と

思わなくもないんですが、思うに某雑誌の方でアンジェリークが『戦国時代』 で

頑張ってるようなので時流に乗かったのかもしれないんですが…ね。

で、此処からは『遙か』ファンとしてと、純粋にゲームファンとして語ってみたいかと。

コレ以降はあくまで私見ですし、矛盾してる部分もあると思うので気に入らない記述

だとしてもスルーの方向でお願いします。 

 

【『遙か』ファンとして】

先ず発表の仕方からして如何なモノかと思いました。

前回の『ネオロマンスアラモード4』で声優だけの発表。で今回の『10Years Love』

でタイトルの発表。

篁は作品ファンであるが為、声優さんだけ先に発表されても…って思いがありました。

コレって穿った見方をすれば、声優ファンを呼び込んでゲームの購買数を上げようと

してるとしか捉えられないし、作品の本質さえ変わってなければ良いでしょ的感覚が

売り手側の浅慮にしか見えないのですよ。

それとやはり今回の扱う時代。。。 某乙女ゲームが爆発的に売れてしまったが為

どうしても二番煎じとしか捕らえられないし、他でも丁度発売が予定されてる所に

敢えてぶつけてくる感覚が判らない。 発売時期はずれてはいるようですが。

幕末ブームに乗れば良いと思ってるんでしょうか?

それと、前作にあたる『遙か4』の扱い方。 【始まりの神子】と銘打っていながら、

納得出来ない結末。 PSP版でイベントを追加して発売が決定しているようですが、

果たして何処まで補完が出来てるんだか。。。

こんな状況下で声優一新で発売されても古参のユーザーが納得するハズもなく…

(と、思ってるのは篁だけかもですが、ね)

実際、新作が発表された時の静けさ。 一部声優ファンは盛り上がってましたが、

無印の『遙か』から作品を大切にしてきた作品ファンとの温度差が篁自体も非常に

悲しい思いになりました。

一応、今までの『遙か』シリーズで演じられていた声優さん達も出演が決まっている

ようですが、あくまで脇役ですよね。

中途半端(…は云いすぎかもですが)な声優さんの使い方なら、いっそ声優さんを

一新したなら使わないで欲しかったと願ってしまう。。。

やはり今回の新作が『遙か』の名を冠する限り、どうしても厳しい見方しか出来なく

なるのが悲しいです。

---『遙か』の名を冠せずホントの新作だったら良かった…

 

【ゲームファンとして】

純粋にネオロマンスゲームとしては楽しみです。

実際色々な乙女ゲームをしていると、内容的にもシステム的にもプレイのし応えが

あるので、やっぱりコレは魅力的。

キャラクターに関しても声優の交代を気にしなければ、気になるキャラクターも(^^

(だって声優さんに落ち度はない)

ただ気になるのは、黒龍の神子は男の子?女の子?

ビジュアルと声優さんだけだと判断つかないんだけど。

もし黒龍の神子が男の子だったら幻滅すると思う。

篁の希望はボーイッシュな女の子であって欲しい。ぢゃなきゃ困る~

 

…という事で、多分篁は仲間内では少数の新作受け入れ派かと。。。

今までの『遙か』シリーズの事を思うと、「この仕打ちは何?」って気持ちは勿論

あるし、十年祭での声優さん達の言葉は忘れた訳ではないけれど、新しいモノを

受け入れられる寛容な気持ちだけは持っていたいという気持ちも。。。

否定するのは新作をプレイしてからでも遅くないと思う。(…と、思う事自体が既に

遅いかも)

出来る事なら、悲しい思いをするのはコレが最初で最後であって欲しいっていうのが

本当の気持ち。。。

|
|

« 距離ってどこにあるかな(BlogPet) | トップページ | 警戒(BlogPet) »

コメント

浅慮って…なんだろう…?

投稿: BlogPetのフランシス | 2010年10月11日 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182982/49710658

この記事へのトラックバック一覧です: 新作ネオロマンスゲーム…:

« 距離ってどこにあるかな(BlogPet) | トップページ | 警戒(BlogPet) »