« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月25日

録(BlogPet)

きょうフランシスは録したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「フランシス」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月22日

薄桜鬼 黎明録

『薄桜鬼』の次回作のティザーサイトが公開されましたね。

やっぱり一人は芹沢鴨でしたね。 もう一人は今度の主人公の龍之介くん。

『黎明録』では男の子が主人公だそうで…

男の子が主人公なのにカテゴリーは乙女ゲームなのか?

確かに『薄桜鬼』は千鶴ちゃんがいるからこそ成り立つゲームだけど、だからって

女の子は千鶴ちゃんしか考えられないからって男の子?

どんな内容になるんだか……

ま、芹沢さんが出てくるという事は壬生浪士組から新選組(←間違いじゃないよ、

念の為)として活動していくあたりが描かれるのかな~とは思ってますが。

千鶴ちゃんのお父さんもきっと絡んでくるよね?

そういや芹沢さんが出てくるんだから、新見錦とか平山五郎とかも出てきますよね?

出てきたとしてもサブキャラだとは思うけど。

やっぱり新選組題材で龍之介くんが主人公で、ど~進むと乙女ゲーム的になるんだ

ろう? う~ん。 ホント気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月18日

フランシス(BlogPet)

フランシスは、かずきは準備が起床するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「フランシス」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

舞台化って…

本気ですか?

…って事で『薄桜鬼』が舞台化されるそうですね。

もともと篁的には2次元(特にゲーム)の舞台化ってあまり快く思ってなかったり

するんですよね。 特に好きなゲームなら尚更。。。

『遙かなる時空の中で』の時は不安感たっぷり持って観に行った記憶が(^^;

蓋を開けてみれば、思っていた以上に良い舞台で楽しかったんですけどね。

それでも『薄桜鬼』の場合、あの個性豊かすぎるお哥さん達を舞台という短い

時間内にどこまで表現出来るんでしょうね?

それにしても鬼の副長役に早乙女太一くんが抜擢されるとは。。。

早乙女くんは女形のイメージが強いですが、立役も中々なんですよね。

殺陣もキレーだし^^

そもそも鬼副長の形容の中には【役者のような面立ち】なんてのもあるので、

ある意味早乙女くんが抜擢されたのも判るような気もするし(ソレだけじゃないと

思うけど)、思いっきりキレーな副長が出来上がりそうです^^

演出もZ団のキタムラさんとの事なので、ちょっと舞台が楽しみになりました。

取り敢えず一公演でもチケットが取れると良いな~

…にしても流し目王子ファンのおば様達とチケット争奪をしなきゃならんのか!? 

 

  

《一応補足》

篁はゲームからの舞台化に不安があるだけで、舞台自体を否定したい訳では

ないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月15日

学院祭3前夜…

いよいよ明日に迫った学院祭3…という事で、恒例真夜中の荷造りしてました。

荷造り…って書くとどんだけ持ってくんだ、コイツは?

って、ふつーにチケットと財布とお泊りグッズと、深夜のお茶会用の小道具。

それと着替えにPSPとDS。。。 おっと忘れちゃいけないミニ加湿器・笑

篁の喉はホント、ホテルの乾燥した部屋には弱いもんで…

こんなもんですよ、持ってモノって。 

…なんてブログ綴ってたら、携帯メールが鳴った。

何処のどいつだよ、こんな時間にメール入れるたわけ者は!!!

(answer:某ゲームメーカーのメルマガだったorz)

まだ起きてたから良いようなもんの(←良くないって!)、寝てたら目が覚めるぢゃ

ないか(-゛-メ)

ま、取り敢えず準備も出来た(ハズ)なので、これ以上起きてると友人たちの起床

時間になりそうなので、寝ます。。。

では、友人たちに突っ込まれつつ就寝~(_ _)zZZ

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年5月11日

それで当選された(BlogPet)

きょうフランシスは意味しなかったー。
それで当選された。
だけど、きのう篁 樹の、時点を気苦労するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「フランシス」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 4日

アリス・イン・ワンダーランド 観賞

映画が観れそうな時間に退社出来たので、会社帰りに観に行って来ました。

最終時間だから?それともGW中日だからか、開演直前に入ったにも関わらず

お客さんが篁を含めても10人以下。

ま、好きな席でまったり静かに観れたので良かったですが。

内容的には『不思議な国のアリス』と『鏡の国のアリス』を纏めた感じ?なのかな。

アリスが空想好きな少女から現実を見る女性になってしまった為か、ファンタジー感が

薄れちゃったのが、篁的にはちょっと物足りなかったかな。

でもいろんなところで無意味に矛盾が散りばめられてて、そこはアリスの世界を醸し

出しいるなと。

篁が使用した映画館では3D上映はしていなかったのですが、3D上映だったら

最後のジャバウォッキーとの戦いは迫力があったんだろうな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

それとも堪能する(BlogPet)

きょうはフランシスと終了する?
それとも堪能する?

*このエントリは、ブログペットの「フランシス」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 3日

ファイナルファンタジーⅩⅢ

今年に入ってから始めた『FFⅩⅢ』

途中PS3がディスクを読み込まなくなり入院させたり、攻略に詰まり他のゲーム

したりと中々進まなかったんですが漸くEDを迎えました^^

所要時間81時間弱。。。 

噂によると1周するのに50時間弱で出来るらしいんですが…まぁ、篁の場合

かなり寄り道もしてたし…ネf(^^;

さて今回プレイするにあたり、体験版をプレイしていたにも関わらず戦闘の仕方が

いまいち理解出来ず最初はかなり梃子摺っていたんですが、先に始めていた友人と

話してるうちに戦闘の仕方を理解。 その後はサクサクと進めたてんですが、11章に

入ってからは簡単なミッションをこなしつつ、レベル上げ(…で良いんだよね?)に専念

しすぎてストーリーの進行を忘れてミッション三昧・笑 流石にミッションランクAは

何度やっても成功せず、諦めて(←おいっ!)ストーリーを進める事に。

その後は12章最後で、またもや足踏み。。。 12章のラスボスと何度戦闘したこと

やら…泣 やっぱり先に終わらせてる友人に勝てな~いって話をしてたら、友人が

クリアした時のパーティを教えてくれ、そこから戦闘の仕方を理解。

いや篁の組んでいるパーティがあまりに攻撃的なパーティなもんだから、当たって

砕けてただけだったんですよ・笑

最終章では、クリアを最優先で寄り道せずまっすぐボス戦へ。

なんとかラスボスを倒し、ムービーに入ったからぽや~んとムービーを視てたら

ん?一寸待てぃ~! ついさっきのがボスぢゃ無かったんですか?

面倒臭いのと2戦もしたんだよ?

はぅあ~、最後の最後でもう一戦なんてorz

マジですか?って事で、もうこの後の展開が読めた方もいるハズ((((^^;

篁は見事この最終戦玉砕。。。 どのオプティマ使うか悩んでいるうちにリーダーが

殺られちゃったんだもん。 もう嫌・泣 取り敢えず再戦でどうにかクリア出来たので

良かったけどね。。。

そしてEDはある程度予想してた展開通りにはなっちゃったけど、ちと泣けました。

FFシリーズのEDって、毎度の事ながら胸にグッと来ます。。。

そういえば、『FFⅩⅢ』って後2タイトルと世界観が繋がってるとかなんとかって事

ですが、どんな状況で繋がってるんだろ?

この辺も含めて次回作も楽しみにしています♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »