« 腰痛、されど筋肉痛? | トップページ | フランシスは(BlogPet) »

2007年4月 9日

アビス日記 その15

何ヶ月ぶりにルークと遊ぶんだろ? 久々にアビス再開です!

と、今居るところはグランコクマ。 あらすじ読むとどうもベルケンドに行かなくちゃ

いけないみたいなんだけどなんで? という事で取り敢えず、グランコクマをウロウロ

することに。 ついでに宮殿まで足を伸ばしたら、メイドのお姉さんにブウサギを見て

ないか聞かれちゃったんですけど。 そんなんピオニーの部屋だろうと部屋に行くと

陛下にまブウサギ探しを命令…お願いされちゃったよ。

にしてもピオニー陛下もブウサギに身近な人の名前つけてたなんて…

先ず、謁見の間に行ってみると『ネフリー』発見。

アニスちゃん曰く、毛並もよくて一番上等みたい。 因みにジェイドの妹の名前で

しかも初恋の相手らしい(笑)

で、階段下にブウサギらしき模様が見えたので、行ってみると『ジェイド』発見。

ガイ曰く、名前の割り簡単な所に居やがるだそうで。 大佐、どうします?

次に発見は要人の客室で『ゲルダ』 大佐曰く、先生の名前まで付けるのか!

だそうで。 お次は資料室で『アスラン』発見。 ティア曰く、目の色がフリングス

将軍に似ているらしい。 で、最後は資料室出たら目の前に『サフィール』が居た。

資料室に入る前は居なかったぞ、こいつ。 大佐曰く馬鹿面が似ているらしい。

無事、全部発見。 あ~良かったと思った束の間、別にピオニー陛下に話かける

つもりはなかったのに、話しかけちゃったらまたもイベントが始まっちゃったんです

けど… どうも何処から音素の干渉音が聞こえるとの事で探し始めると、その辺に

置いてある剣かららしいというので、借りれないかとピオニー陛下に申し出たら、

最初は女の子達がおねだりしてくれたらという条件をだしたら、ナタリアが怒り、

だったらヤロー共もおねだりしろ!というなんとも話が変な方向に。

一番手はやっぱりルークなんだ。 殆ど棒読み状態(笑)

 「え~! 俺!? …剣を貸して下さい」  陛下 「次」 

ガイは流石に礼儀正しいなぁ。

 「失礼ながら剣をお預かりしたいのですが」 陛下 「次」

アニスは可愛らしく…というか持ち上げすぎじゃないか?

 「世界で一番かっこいいピオニーへ・い・かv アニスに貸・し・てv」

陛下 「うん、うん。 後6年経ったら正式にお付き合いしようなv」

…ピオニー陛下、何考えてんですか! しかもハートマーク迄付けて! お次は

ナタリアだけどするのか?と思ったら、思いっきりの三白眼で

 「…剣を貸してくださいませ」

陛下 「うん、うん。 その冷たさがたまらないなぁv」

…陛下、あんたはMですか? ティアはというとかなりはにかみながら、

 「私もですか? あ・あの陛下。 どうか剣を貸していただけないでしょうか?」

陛下 「うん、うん。 そのちょっとウブな感じが最高だねv」

あ・あの陛下。 女の子ならなんでもいいのか? それじゃ諸星あたる(笑)と

一緒じゃないか!? さて残りは大佐だけど、陛下は何か察したらしく即却下。

 「陛下」

 「お前はいらない。 聞きたくない。キモイ」 そこまで云う!

 「まぁ、そうおっしゃらずに。 とびっきりのおねだりをして差し上げますよ」

 「いらん! 失せろ!」 相当嫌がってますな。

 「いや~残念です。 では剣をお借りして行きますね」

最強なのは大佐か陛下か… 云えるのは2人とも最恐って事は確かだけどね。

ひとしきり笑って、あらすじの通りにベルケンドに向かう事に。

ベルケンドに行って研究施設の爺様に会うと、アッシュも来ていた事が判明。

と、いう事でアッシュの後を追ってロニール雪山へGO!

さてさて、相変わらず漆黒の翼…だっけの3人組もアッシュと共に行動している模様。

アッシュの居場所を聞いて、アッシュと合流~と思いきやアッシュを怒らせて終わり

かい。 ま、何か判ったら連絡くれるみたいだし、次にするのは旅の預言師探し。

ついでにパッセージリングの入り口でルークが気になるモノも拾ったから、

先ずはバチカルへ。 バチカルに入るとモースが逃げ出したらしいという事で、

なんだか目まぐるしくイベント発生。 どこかいな?と港へ行ってみるとビンゴ!

居ましたよ。 しかもディストまで登場し、モースに怪しげな事したらモースが怪物に

変化しちゃうんでここで中ボス戦でもするのか?と思ったらどっか飛んでっちゃった。

なんだ、前振りだけかい。 気を取り直して、バチカルの陛下に行きますか。

ナタリアには聞かれたくない話をしに行くのにどうすんだ?と思ったら、ガイと大佐の

機転のおかげでナタリアのみ待機。 用件を終わらせて、お次はケセドニアですか。

う~、間を空け過ぎたせいか話についていけない…

ケセドニアに着くと、旅の預言師と遭遇! な・なんとシンクも生きていたらしい。

でも仮面をつけてないせいか、ほんとイオン様のようだ。 しかも声のトーンも

イオン様になってるし。 でもシンクにも思うところがあるっぽい。 アニスに小声で

自分の立場も判るだろうと。 もう少し話が進めば結末は判るよね。

さてケセドニアで用事を済ませ、ユリアシティへ向かいティアの爺様と話をして、

今度は海を移動する第七音素探しですか。 なんだか一気に事が起こってるみたい。

というか、やっぱ間空け過ぎたのが不味かったかな?

さてアビスを暫く頑張りましょうかね。

|
|

« 腰痛、されど筋肉痛? | トップページ | フランシスは(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182982/14617346

この記事へのトラックバック一覧です: アビス日記 その15:

« 腰痛、されど筋肉痛? | トップページ | フランシスは(BlogPet) »