« アンジェリーク 第13話♪ | トップページ | 舞一夜日記 その7 »

2006年10月 1日

舞一夜日記 その6

さくさくっと進んで、白虎コンビED迎えました♪

鷹通さんのルートは龍神様との絡みなんですね。何だか、一番初初期の

『遙か』に近い感じがしました。

やっぱりこのルートはかなり真面目な雰囲気。って書くと他のルートが

不真面目みたいに聞こえちゃいますが、恋愛絡みも鷹通さんと一緒に

怪異を調べ、怨霊を退治していくうちに、龍神の声が日増しに聞こえて

くるようになり、最終は召喚するまでに至ってしまったのでこんな感想が

出てきちゃうんですよね。

それとは対象に友雅さんルートはなんとも、宮中の恋の話が中心というか、

傍目は友雅さんの若紫計画(←源氏物語を知っている人には判ると思う)

にしか見えなくもない気がするのはやっぱり彼の人となりかな。

このルートでは、宮中ではやんごとなきご令嬢扱いだったあかねちゃんだけど、

おしとやかさは鍍金なので、最終的には猪(笑)な事が発覚しちゃいましたね。

友雅さんのルートだと、なんとなく雨男って絡んでくるのかな?と思っていたけど

ものの見事にかすらなかったな。 帝との会話にもよるせいなのかな?

アクラム様は中々の悪役だったな~

さて、残すは雨男だけ♪ 映画がベースならハッピーEDにはならないと思うけど、

ある意味ハッピーEDだといいな…

|
|

« アンジェリーク 第13話♪ | トップページ | 舞一夜日記 その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182982/12106037

この記事へのトラックバック一覧です: 舞一夜日記 その6:

« アンジェリーク 第13話♪ | トップページ | 舞一夜日記 その7 »