« ちょっと、やってみたかった! | トップページ | アビス日記 その3 »

2006年8月18日

新しい惑星!?

太陽系の惑星が、これまでの9個から12個に増える可能性がでてきた。チェコのプ

ラハで開催中の国際天文学連合(IAU)総会で16日、新たな惑星の定義の原案が

示された。原案のまま承認されれば、冥王星の発見(1930年)以来、76年ぶりに

太陽系の全体像が大きく書き換えられることになる。IAUは、24日に新定義を承認

するかどうかを投票で決める予定だ。国立天文台によると新しい惑星の定義の柱

は、「恒星を周回する天体で、自己の重力でほぼ球形になるもの」としており、直径

800キロ以上が目安になる。(産経新聞より抜粋)

 

ちょっと面白い記事を発見しました。

この定義によると、火星と木星間に位置する最大の小惑星『セレス』

冥王星の衛星とみなされてきた『カロン』

昨年夏にNASAが「第10惑星」と発表した『2003UB313』

の3つの星が惑星候補になっているそうです。

小難しい話はおいておきまして、『セレス』と『カロン』はいずれも今までの

9つの惑星と同様(地球は別)に神話にちなんだ名前。

『セレス』はローマ神話の穀物の女神。

『カロン』はギリシア神話の冥府の川(三途の川)の渡し守。

まだ、第10惑星とされている星には正式名称がついていませんが、きっと

他の惑星同様、神話にちなんだ名前がつくのではと思っています。

さて一番きになるのは、この星の和名だったりします。

例えば、『マーズ』は火星、 『マーキュリー』なら水星となるわけで、

この候補にあがっている3つの惑星がどんな和名になるか、今から楽しみ♪

国立天文台で名づけるのかは定かでないですが、しっかり考えて下さいね。

そのまんま、『セレス』やら『カロン』だったらつまらないんです…はい。

|

« ちょっと、やってみたかった! | トップページ | アビス日記 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい惑星!?:

« ちょっと、やってみたかった! | トップページ | アビス日記 その3 »